豆知識

2021.02.02

初心者DIYさん

【木工用ドリル編】上手な穴あけ方と間違った穴あけ方

上手な穴あけ方
不要材を穴あけしたい被削材の下に敷いて穴あけ作業を行う。(ポイント:その際に不要材と被削材には隙間が無いようにピッタリと合わせます)img

貫通穴をあける場合: 不要材を使用することによって、空回りの補助を行います。

 

間違った穴あけ方
電気ドリルの回転数を高速しての穴あけ作業を行う。 ドリル先端の焼付きや破損などが発生する恐れがあります。最適なドリルの適正回転数を維持させることによってきれいに穴あけ作業を行いましょう。

溝長(有効長)以上に深い穴あけ作業を行う。ドリルの破損に繋がりますので、穴あけの深さより若干余裕をもった溝長(有効長)のドリルで穴あけ作業をいましょう。(ポイント:被削材の厚みと同じ長さ か 溝長(有効長)とギリギリの長さも推奨しておりません。)

OTHER他の【初心者DIYさん】の記事