豆知識

2021.01.25

木工用ドリルについて

ギムネ部位名称とその役割

刃径 (サイズ): 穴あけ可能な大きさです。
先端形状:先ネジ(誘導ネジ)
切削時に引き込んで行く力を生み出す部分になりますので押す力を必要としません。
ケガキ刃(爪): すくい刃と反対側に位置し、そして穴あけの際に円を描くようにしてケガいていきます。
すくい刃 :ケガキ刃で削り取り木くずをすくいあげる部分になり主力刃です。
螺旋部:すくい刃ですくい上げた木くずはラセン部をつたり木くずを排出する役割を担います。
軸径:軸部分を電動工具に装着させる部分になります。形状には6角軸・丸軸・三本溝軸・SDSplus 軸があります。軸径と軸形状の違いによって、電動工具が代わってきますので、ご確認の上、電動工具に装着しお使いください。
:芯ブレを小さく抑えるためドリルの幹です。
外周:外周を研磨をしているため、バックテーパーがかかっていますので、入りやすく抜けやすくなっています。

OTHER他の【木工用ドリルについて】の記事